失敗しない!プチ断食の方法

プチ断食を行ってはいけない人の特徴

理由はともあれ、プチ断食ダイエットが安全だからと言ってもやらない方が良い人の特徴をあげます。

 

薬を毎日服用している人

 

薬への副作用などが出る危険性が高まります。必ずお医者様と相談してください。

 

痩せすぎの人

 

普段から痩せている方へのプチ断食の効果は著しく少なくなります。基本的な体力をつけることが先決です。

 

生理不順・更年期障害の人や生理中の人

 

ホルモンバランスや自律神経がしっかりしていないと、プチ断食ダイエットは逆効果です。

 

乳幼児、15歳未満の人

 

乳幼児は特にダメです。またそれ以上でも、15歳頃までは成長期です。健康面から考えてもプチ断食を行う必要がありません。太りすぎの子は食事制限などは良いと思いますが、3食きっちり食べることは必要です。

 

過食症や拒食症の人

 

一度でも経験のある方は、食事量のコントロールが再度できなくなってしまう恐れがあります。それでもプチ断食をしたいという方は、専門施設でのプチ断食をオススメします。

 

妊娠中・授乳中の人

 

妊娠している時は、お腹の中の赤ちゃんへも栄養がいっているので、普段の倍は栄養を摂らないといけません。また、授乳の際も同じ理由です。プチ断食は絶対に行わないでください。

 

昼夜が逆転している人

 

3勤交代などで働いていらっしゃる方は、プチ断食をオススメできません。身体が「どう働けば良いのかわからない状態」になってしまいます。

 

老人やお年寄りの人

 

消化器官が衰えている方の断食は身体に悪影響を及ぼします。

 

持病をお持ちの方

 

心臓や脳・胃腸に負担をかけてはいけない人はやめてください。持病でなくても、体調の悪い時のプチ断食はオススメできません。

 

私があげるのはこの9つのパターンの方だけですが、他にもやらない方が良い人はたくさんいます。必ずご自身が当てはまっていないか確認してからプチ断食ダイエットを行ってください。

ヒプノダイエット7日間プログラム

わずか7日間でスリムになる方法!☆聞いて!食べて!痩せる!ヒプノダイエット7日間プログラム☆